戦略投資事業

2020年は世界にとって、そして日本にとって大きく流れの変わった年となりました。 リーマンショック以来続いてきた長い好景気は多くの企業にとって恵みの雨をもたらした一方、日本社会の抱える本質的な課題解決は先送りされ、将来世代の負担を更に重くしたのではないでしょうか。

日本型雇用の限界、全国380万社存在する中小企業の後継者不足問題、諸外国と比べ低止まりした労働生産性など現在の日本の抱える課題は山積です。 我々はコンサルティング事業における経営人材の輩出に加え、戦略投資事業を通じファイナンスの力を活用し、これら諸問題の解決に取り組んで参ります。

※現在当社では一般投資家からの募集、ファンド勧誘等は一切行っておりません。

プライベートエクイティ
当社の資本・戦略的洞察力・経営人材を用いて、大規模な業務改善・成長の見込める優れた事業にマジョリティ投資を行い、 実績ある投資先経営陣と協力し合いながら、企業価値の向上に努めて参ります。
ターンアラウンド投資
幅広い業種・業態における経営課題を抱える企業に対しこれまで行ってきたコンサルティングのノウハウを駆使し、 ハンズオンでの経営支援を提供することで、収益力の向上、業績の回復を実現します。
オルタナティブアセット
自己勘定投資を主とする強みを活かし、非伝統的アセットクラスへの投資も幅広く行って参ります。 インフラストラクチャー、クレジット投資など投資検討から実行までの迅速な意思決定を強みとし高い投資利回りを目指します。